現在、ミャンマーの北部や西部に洪水被害で犠牲者がたくさん出ています。
7月26日ベンガル湾で発生した台風の影響でミャンマー北部に集中的な豪雨になり、洪水被害を受けています。
洪水は先月28日から発生したのですが、政府の対応が遅く、正式的にメディアで報道もされなかったのです。
しかし、ミャンマーではSNSがある程度広く使われているので、SNS上に投稿された写真や記事などから情報が広がりました。
現在、被害が大きいのはサカイン管区、マグエ管区、チン州とラカイン州です。
川に近いところの村では、村全体が水没されていることもあります。山のところでは地すべりが発生し住宅などが崩れました。
ヤンゴンにはあまり影響がないです。

ヤンゴンでは至る所に芸能人をはじめ、大学生や若者が団体で募金活動をしています。
目標の金額が集まった団体から、日用生活品、食料、飲料などをトラックに載せて、ヤンゴンを出ていく姿もよく見かけます。

以下は7月末にSNS上で投稿されていた写真と8月3日の被害状況の地図です。

屋根ぎりぎりまで水没されている政府オフィス

屋根ぎりぎりまで水没されている政府オフィス


台風が過ぎ去った後の様子

台風が過ぎ去った後の様子


農家が多い地域のため、牛の救助も大事

農家が多い地域のため、牛の救助も大事


村全体が水につかっているプィンピュー村2015年8月1日

村全体が水につかっているプィンピュー村2015年8月1日


地すべり被害があったチン州

地すべり被害があったチン州


サカイン管区カレー市の町看板が8月27、28、と29日にわたって水位が上昇している様子

サカイン管区カレー市の町看板が8月27、28、と29日にわたって水位が上昇している様子


救助活動

救助活動


竜巻が発生

竜巻が発生


救助活動➁

救助活動➁


救助活動➂

救助活動➂


7月30日時点で被害を受けた地域の図。赤丸が大きいほど被害が大きい

7月30日時点で被害を受けた地域の図。赤丸が大きいほど被害が大きい


8月3日発表の被害規模の図。色が濃いほど被害が大きい。

8月3日発表の被害規模の図。色が濃いほど被害が大きい。

ニンニン
最後まで読んでいただきありがとうございました。