2015年7月26日にベンガル湾で発生した台風コメン(komen)の影響でいまだに洪水被害を受けている地域が残っています。
台風の影響で集中的な豪雨になり、川に近い地域が洪水被害を受けました。
現在、北部では水が所々によって引いてきています。
しかし、北部の水が川を下って南部エヤワディー管区の地域へ洪水被害を与えることも心配されています。
ネピドー、ヤンゴンとマンダレーなど大都市は洪水被害の影響をあまり受けていないです。

今回の洪水被害で88人(8月7日時点)の死亡者が確認されています。
被災地では家を流されたり、家畜が流されたり、農地が泥でおおわれたりなどで被害が大きく、これからの生活の再スタートが厳しいようです。

現在、ミャンマー各地域の支援者から寄付金、食料や衣類などが被災者のもとへ届けられています。
道路が寸断され、車で行けないところへは航空会社の協力を得て空路で支援物資を届けたり、個人がトラックや自家用車を運搬に使わせてくれたり、たくさんの人が協力し合っています。
また、日本をはじめ、中国、インド、シンガポール、タイなどから支援物資が届き、被災地へ運ばれています。
以下の写真はSNS上アップされている写真をシェアーしたものです。

7月末のサカイン管区のカレー市の門が水につかっている状況➀

7月末のサカイン管区のカレー市の門が水につかっている状況➀


8月1日ごろのサカイン管区のカレー市の門が水につかっている状況➁

8月1日ごろのサカイン管区のカレー市の門が水につかっている状況➁


水が引いた後のサカイン管区のカレー市の門

水が引いた後のサカイン管区のカレー市の門


【北部の被災地】水が引いた後に家が高さ約2メートルの泥に埋まっている➀

【北部の被災地】水が引いた後に家が高さ約2メートルの泥に埋まっている➀


【北部の被災地】水が引いた後に残る泥➁

【北部の被災地】水が引いた後に残る泥➁


【北部の被災地】水が引いた後に残る泥➂

【北部の被災地】水が引いた後に残る泥➂


【南部の被災地】水がこれから増加するかもしれない南部➀

【南部の被災地】水がこれから増加するかもしれない南部➀


【南部の被災地】水がこれから増加するかもしれない南部の食料支給風景➁

【南部の被災地】水がこれから増加するかもしれない南部の食料支給風景➁


【南部の被災地】水がこれから増加するかもしれない南部➂

【南部の被災地】水がこれから増加するかもしれない南部➂


まだまだ水が下がらないミャンマー西部

まだまだ水が下がらないミャンマー西部

ニンニン
最後まで読んでいただきありがとうございました。