ミャンマーの携帯電話の使用料は今年6月1日から、消費税5%がかかるようになります。それについて通信と情報技術省は2015年5月22日のチェモン新聞に携帯電話のプリペイドカードを購入する際、残高より5%の税金が自動的に引かれることを新聞の広告ページに乗せて知らせをしました。

プリペイドカードの価格と消費税を引かれたあとの残高

プリペイドカードの価格と消費税を引かれたあとの残高


書かれている内容は、1000チャットのプリペイドカードを購入した場合、税金が48チャット引かれ、残高が952チャット、3000チャットは税金が143チャットで2857チャット分使用できると、各プリペイドカードの価格によって説明がありました。
ミャンマーの国内通話料は1分25チャット、インターネット使用料は1MBが7.5チャットです。
税金を支払うことにあまりなじみのない国民の間では様々なこえがあがっています。特にフェイスブックの投稿記事などで、払われた税金がどのように使われるかなど、プリペイドカードの税金について話題が盛り上がっています。
【現在の為替レートは1円=9チャットです】
ニンニン
最後まで読んでいただきありがとうございました。